#018 沢木冬吾 『愛こそすべて、と愚か者は言った』|読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読んだ本の感想をまとめています。
購入文庫派なので鮮度は重要視しません。
ジャンルはほぼミステリーです。
コメント・TBはお気軽にどうぞ。いやむしろ、喜びます。
ブログタイトル、過去のものに変更しました。

#018 沢木冬吾 『愛こそすべて、と愚か者は言った』

愛こそすべて、と愚か者は言った
著 者:沢木冬吾
発行元:角川文庫
発行日:2007年07月25日





内容(BOOKデータベースより引用):
始まりは深夜の電話だった――。七年前に別れた久瀬の息子の慶太が誘拐された。犯人から身代金の運搬係に指定されたのは探偵の久瀬だった。現場に向かった久瀬は犯人側のトラブルに乗じて慶太を助けることに成功するが、事件の解決を待たずに別れた妻・恭子が失踪してしまう。久瀬は恭子の行方と事件の真相を追いながら、再会を果たした慶太との共同生活を始めるが・・・。『償いの椅子』の著者の恐るべきデビュー作、待望の文庫化!!



所感:
ハジメマシテの作家さん。
そしてデビュー作。

といっても最近デビューしたわけではなく、
著者が注目を浴びたのは本書の次に刊行した
『償いの椅子』という作品だろう。

読む前からのなんとなくの感覚なのだけれど、
沢木冬吾といえば、ハードボイルドなイメージがある。
文庫の裏表紙にある内容紹介をざっと読んだだけで
受けた印象だけれども。

本書もハードボイルドではあった。
そして哀しい物語だった。


前妻が引き取った息子・慶太の誘拐事件の身代金運搬係に
指名された探偵の久瀬。
ほとんど接点のなかった慶太のために久瀬は奔走し、
慶太はなんとか保護される。
そこから慶太との生活が始まる。
なぜならば、慶太の母・恭子とその内縁の夫・釜崎が行方をくらましたからだ。
恭子の行方を追ううちに久瀬は、
釜崎たちが裏の世界に関与していることに気づく…。

久々に会った息子とのぎこちない父子生活。
その生活に対して父も子もそれぞれ思うところがあって必死だ。
久瀬は大人だからまぁいいとして、慶太を思うと切ない。
小さいながらも生きようと
いろいろと頭を巡らせ、必死なのだ。

本書を読んでいて、
以前読んだ『小夜しぐれ』(高田郁)で種市という
料理屋の主が放った言葉が思い出された。

――信じて寄り添ってくれる誰かが居れば、そいつのために幾らでも生き直せる


本書にはそれができた男がひとり登場する。
そして、できなかった男もひとり。

そのできなかった男は端的にいうと悪者なのだけれど、
彼を思うととてつもなく哀しくなってしまった。

慶太には幸せになってもらいたい。
そう願わずにはいられない。
そんな物語だった。





【送料無料】償いの椅子 [ 沢木冬吾 ]

【送料無料】償いの椅子 [ 沢木冬吾 ]
価格:885円(税込、送料込)






2014年04月19日| コメント:0トラックバック:1Edit
<スポンサードリンク>



トラックバックURL

トラックバック一覧

  1. 1. 沢木冬吾 『愛こそすべて、と愚か者は言った』

    • [読書にゃああと]
    • 2014年08月29日 12:01
    • 内容(BOOKデータベースより引用): 始まりは深夜の電話だった――。七年前に別れた久瀬の息子の慶太が誘拐された。犯人から身代金の運搬係に指定されたのは探偵の久瀬だった。現 ...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます