#289 西澤保彦『動機、そして沈黙』|読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読んだ本の感想をまとめています。
購入文庫派なので鮮度は重要視しません。
ジャンルはほぼミステリーです。
コメント・TBはお気軽にどうぞ。いやむしろ、喜びます。
ブログタイトル、過去のものに変更しました。

#289 西澤保彦『動機、そして沈黙』

動機、そして沈黙
著 者:西澤保彦
出版社:中公文庫
発行日:2012年11月25日




内容(Bookデータベースより引用):
時効まで二時間となった猟奇犯罪「平成の切り裂きジャック」事件を、ベテラン刑事が回想する。妻と戯れに推論を重ねるうち、恐ろしい仮説が立ち上がってきて…。表題作ほか、妄執、エロス、フェティシズムに爛れた人間の内面を、精緻なロジックでさらけだす全六作品。


所感: 
ノンシリーズの短編集。

1995年デビューの著者が
ノンシリーズの短編集を編むのはこれが2作目らしい。

タック&タカチシリーズ以外で短編集…。
確かにあまりピンとこないかも。

本書に収められているのは6篇の短篇。
(内、1篇(表題作)は中篇とも言えるボリュームだけれども。)

そのどれもが山椒のようにぴりりとしていて、
やはり著者はお上手なのだなぁ…と感心してしまう。

が、物足りなさを感じなくもない(笑)。

本書を読んで分かったのは、
わたしが著者に求めているのは
『殺意の集う夜』のようなハチャメチャ感。

つっこみどころが多少あれど、
ありえない!!面白い!!マジで?!!
あ、でもありえるかも!!!
といった強引でありながらも
どうにかちゃんと着地してしまう
アクロバティックなあの作風なのだ。

収録作品はどれも甲乙つけがたく、
まとまりも良いし、文句はない。

特に『迷い込んだ死神』などは
ラストが哀れで笑えて、
テイストとしてはもろわたしの好みだ。

だけど、わたしが読みたい西澤作品は
これじゃなかったんだな。

次からは短篇は外してよし、としよう。

こうやって人間は学習していくのです。
(少なくともそのはず!)




『動機、そして沈黙』収録作品
・ぼくが彼女にしたこと
・迷い込んだ死神
・未開封
・死に損
・九のつく歳
・動機、そして沈黙


2014年11月24日| コメント:0トラックバック:0Edit
<スポンサードリンク>



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます