#295 貴志祐介『硝子のハンマー』|読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読んだ本の感想をまとめています。
購入文庫派なので鮮度は重要視しません。
ジャンルはほぼミステリーです。
コメント・TBはお気軽にどうぞ。いやむしろ、喜びます。
ブログタイトル、過去のものに変更しました。

#295 貴志祐介『硝子のハンマー』

硝子のハンマー
著 者:貴志祐介
出版社:角川文庫
発行日:2008年10月25日



内容(BOOKデータベースより引用):
日曜日の昼下がり、株式上場を間近に控えた介護サービス会社で、社長の撲殺死体が発見された。エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラ、窓には強化ガラス。オフィスは厳重なセキュリティを誇っていた。監視カメラには誰も映っておらず、続き扉の向こう側で仮眠をとっていた専務が逮捕されて・・・・・・。弁護士・青砥純子と防犯コンサルタント・榎本径のコンビが、難攻不落の密室の謎に挑む。日本推理作家協会賞受賞作。


所感:
久々の貴志作品。
前に読んだのは『黒い家』だから、10年ぶりくらいかな。
ホラーのイメージが強くて(しかも恐ろしくて)
随分、間が空いてしまった。


監視カメラや防弾ガラスに囲まれた社長室で、
日曜の昼間、会社社長が撲殺された。
容疑者として逮捕されたのは隣室で仮眠をとっていた専務。
しかし専務は容疑を否定。
弁護を依頼された弁護士の青砥純子は、
知人の伝手で防犯コンサルタントの榎本径に協力を求める…。


事件現場は隙のない完全密室。
最終的に真相が暴かれ
事件は解決するので
密室トリックは崩れるのだけれど…
このトリックが圧巻。
というか、よく思いついたなと感心してしまう。
そしてタイトルの意味も分かってくる。

綿密な下調べとよく練られた構成。
そして著者の筆力。
貴志祐介だから完成できた作品だと思う。
さすがだ。

本書は二部構成になっていて、
Ⅰ部「見えない殺人者」は青砥と榎本のコンビ視点で、
Ⅱ部「死のコンビネーション」は真犯人視点で
綴られる。

この構成が生きている。

まず事件を検証する青砥と榎本を読み、
時系列を遡り事件の下準備の段階からを
犯人視点で読むことによって、
読者の前に真相が露呈する。

巧いなぁ。

ただ、青砥と榎本コンビは癖があるので
彼らを好きになれなければ
作品が楽しめないかもしれない、とは思う。 





     ブログランキング・にほんブログ村へ    





2014年11月30日| コメント:2トラックバック:0Edit
<スポンサードリンク>



コメント一覧

    • 1. りらっくま
    • 2014年11月30日 13:15
    • こんにちわ~(*´・ω・)b
      自分も「硝子のハンマー」よかったと思います・・・

      トリックは思いつかなかったです。こんなやり方があるんだ??
      って感じで。タイトル通りなんですがww

      読んでる時には、若い専務?が犯人で介護ロボットを使って・・
      とか全く見当違いの事を考えてたりしましてww

      貴志さんの作品は、以前お勧めしました「クリムゾンの迷宮」は大好きですし、最近の「雀蜂」も色々不満もありますが
      面白かったです。青砥と榎本コンビが結構好きなので、「狐火の家」短編集ですがこれも良かったです!

      PS「黒い家」はほんとに怖いですね。
    • 2.
    • 2014年11月30日 16:25
    • りらっくまさん☆

      コメントありがとうございます♪

      トリック、びっくりしましたよね♪
      ドラマ化されていて、
      映画やドラマは苦手なのですが
      観たいな~って思うくらい好きな作品です。

      『狐火の家』も私も面白いなって思いました☆
      『雀蜂』は悪くないのだけれど、
      貴志さんならもっとやれる!!と思ってハードルを上げてしまいました(´・ω・`)
      結果、パニックというよりコメディとして楽しんでしまいました♪

      『黒い家』怖いですよね。
      旦那さんの状態を想像して吐きそうにさえなりました…。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます