#298 北村薫『覆面作家の夢の家』|読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読んだ本の感想をまとめています。
購入文庫派なので鮮度は重要視しません。
ジャンルはほぼミステリーです。
コメント・TBはお気軽にどうぞ。いやむしろ、喜びます。
ブログタイトル、過去のものに変更しました。

#298 北村薫『覆面作家の夢の家』

覆面作家の夢の家
著者:北村薫
出版社:角川文庫
初 版:1999年10月25日





内容(裏表紙より引用):
12分の1のドールハウスで行われた小さな殺人。そこに秘められたメッセージの意味とは!?天国的美貌を持つミステリー界の人気作家「覆面作家」こと新妻千秋さんが、若手編集者、岡部良介とともに、残された言葉の謎に挑む表題作をはじめ、名コンビが難事件を解き明かす全3篇を収録。作家に探偵、おまけに大富豪のご令嬢と、様々な魅力を持つお嬢様探偵、千秋さんの名推理が冴えわたる“覆面作家”シリーズ第3弾。


所 感:
「超」が付くほどの大金持ちで
「超」が付くほどの美人お嬢様である新妻千秋の職業は、
「覆面作家」という名の新人ミステリ作家。

しかしこの千秋お嬢様。
お屋敷の中では「借りてきた猫」以上におとなしいのに、
敷地から一歩外に出るとサーベルタイガーに変身するという
「超」個性的な性格の持ち主。

本作は、そんな個性的な千秋さんが
その天性の推理力を活かして日常の謎から殺人事件まで、
担当編集者の岡部良介と共に解決する
「覆面作家」シリーズ第3弾にして完結編だ。

本作のラストではついに!『覆面作家は二人いる』で出会い、
『覆面作家の愛の歌』で絆を深めた良介と千秋さんが結ばれる!!!

が、このラストがなんとも控えめでいい。
それは、表記としてはちょっとした「変化」なんだけれども、
二人にとっては「担当と作家という関係」からの
確実なステップを示す表現。

実に控え目。
でもって実にぴったりなラストと言える。

可愛くって賢くって強くって大人しくって…
そんな魅力的な千秋さんの活躍がもう見られないかと
思うとちょっと淋しいな、と思う反面、
二人がうまくまとまってよかったな、とも思わずにいられない。

謎解きの過程が多少強引なところも無きにしも非ずだけれど、
このシリーズはとにかくもう可愛くって、
そんなちょっとしたアラなんて気にならないくらい、
何度読んでもなかなか楽しくって好き。




ブログランキング・にほんブログ村へ

 




2014年12月03日| コメント:0トラックバック:0Edit
<スポンサードリンク>



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます