#301 西澤保彦『聯愁殺』|読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読んだ本の感想をまとめています。
購入文庫派なので鮮度は重要視しません。
ジャンルはほぼミステリーです。
コメント・TBはお気軽にどうぞ。いやむしろ、喜びます。
ブログタイトル、過去のものに変更しました。

#301 西澤保彦『聯愁殺』

聯愁殺
著 者:西澤保彦
出版社:中公文庫
発行日:2010年09月28日



内容(Bookデータベースより引用):
大晦日の夜。連続無差別殺人事件の唯一の生存者、梢絵を囲んで推理集団“恋謎会”の面々が集まった。四年前、彼女はなぜ襲われたのか。犯人は今どこにいるのか。ミステリ作家や元刑事などのメンバーが、さまざまな推理を繰り広げるが…。ロジックの名手がつきつける衝撃の本格ミステリ、初の文庫化。


所感:
なんやかんや言って、著者のファンなんだろうな、わたしは。
書店で新しい文庫を見かけるとついつい手に取ってしまう。
「聯愁殺」だなんて、嫌な予感がしながらも。


「聯愁殺」
「れんしゅうさつ」
「練習…殺??」


嫌な予感というものは案外当たったりする。
あまり詳しくは書けないけれど、勘のいい人ならば
これだけでも分かってしまうかもしれない。


作品の舞台は推理集団「恋謎会」の集い。
『毒入りチョコレート事件』の「犯罪研究会」を連想させる
舞台設定に、心が躍る。

四年前に発生した連続無差別殺人事件。
その唯一の生き残りである梢絵を招いて大晦日に開かれた「恋謎会」。
梢絵は恐怖心を抱きながらも、この会へのゲスト参加を決意した。
なぜ自分が襲われなければならなかったのか、
そして未だ未逮捕の犯人はどこにいるのか、
それを知りたい一心で…。


無差別殺人事件に万に一つの確率で巻き込まれてしまったら…。
そしてさらに万一の確率で生き残ることができたら…。

その被害者の心にはおそらく、
「なぜ自分が?」という思いが強く芽生えるのではないだろうか。

本書の「恋謎会」で取り扱われる事件の「主役」である梢絵も
そう強く感じたひとり。

しかしあの事件の真相は意外なものであった…。


うん。
意外、だよね。

でも。
西澤さんならやりそう、だよね。


何をどう言えばネタばれにならないのか難しい。

とりあえず…。
登場人物たちの苗字が複雑で読み辛いことだけは確か。
一礼比、双侶、凡河、矢集、丁部、泉館、修多羅。
いちろい、なるとも、おつかわ、やつめ、よぼろべ、いずみだて、しゅたら。
簡単に読めるのはふたりしかいなかった。





ブログランキング・にほんブログ村へ         




2014年12月06日| コメント:0トラックバック:0Edit
<スポンサードリンク>



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます