#304 法月倫太郎『雪密室』|読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読んだ本の感想をまとめています。
購入文庫派なので鮮度は重要視しません。
ジャンルはほぼミステリーです。
コメント・TBはお気軽にどうぞ。いやむしろ、喜びます。
ブログタイトル、過去のものに変更しました。

#304 法月倫太郎『雪密室』

雪密室
著 者:法月綸太郎
出版社:講談社文庫
発行日:1992年03月15日





内容(BOOKデータベースより引用):
誇り高い美女からの招待で信州の山荘に出かけた法月警視だが、招待客が一堂に会したその夜、美女が殺される。建物の周囲は雪一色、そして彼女がいたはずの離れまで、犯人らしい人物の足跡もついていないのだ。この奇怪な密室殺人の謎に法月警視の息子綸太郎が挑戦する。出色本格推理。


所感:
『生首に聞いてみろ』でいやになって
『頼子のために』で見直した
法月綸太郎が著す法月綸太郎(主人公の名前)シリーズ。

複数の出版社から刊行されているので第何弾なのかはちょっと不明。
気になったタイトルから少しずつ読み進めていこうと考えている。
著者はどうやら遅筆のほうらしいので、
コンプリートもそれほど難しくはないという算段もある。


今回はシリーズの主役・綸太郎ではなく、
その父・法月警部がメインのおはなし。

テーマは…「コンプレックス」だろうか。
法月父子の秘密のようなものを垣間見てしまった。

信州にある月蝕荘。
そこに招待されたのは法月警部を含む男女数名。
しかしその夜、月蝕荘のオーナーの前妻が殺された。
現場は密室。
しかしこれは殺人だと確信する警部。
その理由は?!

その理由部分に、「陰」が見え隠れする。
そしてそれが「コンプレックス」に繋がって行く。

この「コンプレックス」がこの物語の核でもあるのだけれど。
(だから詳しくは書けない)

トリックについては…
わたしは物理トリックにはそれほど興味を持たない方なので、
トリック自体は「なんだかなぁ」という程度。

ただ、電話越しの法月父子の会話が妙に可愛らしく、
愛しくなってしまった。
本書を読んでからだと、他の法月綸太郎シリーズが
あたたかい気持ちで読み進められそうな気がする。

そしてシリーズ全体に漂う独特の暗い雰囲気の理由も、
なんとなくわかる気がした一冊だった。






ブログランキング・にほんブログ村へ    


2014年12月09日| コメント:0トラックバック:0Edit
<スポンサードリンク>



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます