#307 法月綸太郎『ふたたび赤い悪夢』|読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~

読んだ本の感想をまとめています。
購入文庫派なので鮮度は重要視しません。
ジャンルはほぼミステリーです。
コメント・TBはお気軽にどうぞ。いやむしろ、喜びます。
ブログタイトル、過去のものに変更しました。

#307 法月綸太郎『ふたたび赤い悪夢』

ふたたび赤い悪夢
著 者:法月綸太郎
出版社:講談社文庫
発行日:1995年06月15日

 


内容(Bookデータベースより引用):
法月綸太郎のもとに深夜かかってきた電話。救いを求めてきたのはあのアイドル歌手畠中有里奈だった。ラジオ局の一室で刺されたはずの自分は無傷で、刺した男が死体で発見される。恐怖と混乱に溢れた悪夢の一夜に耐えきれず、法月父子に助けを願い出た。百鬼夜行のアイドル業界で“少女に何が起こったか”。


所感:
『頼子のために』のその後。

作家、法月綸太郎は苦悩していた。
いや、探偵、法月綸太郎か。
うーん。職業に関係なくとにかく、法月綸太郎は悩んでいた。
『頼子のために』の結末に。


しかしその幕引きは、綸太郎が自ら結論を下した結果。
ならばその後味の悪さもそこから派生する悪夢も
きちんと引き受けなさいよ!!!と叱咤激励したくなる。
のりりんはナイーブすぎるのだ。
ちなみに英語でnaïveは誉め言葉には当たらない。
そしてわたしが「のりりん」を形容する「ナイーブ」も
誉め言葉ではない。

そんなうだうだしている「のりりん」の元に
助けを求めてきたアイドルの畠中有里奈。
正確には、「のりりん」にではなく、
お父さんの法月警視になのだけれど。
有里奈と法月警視は『雪密室』で知り合っているのだ。


有里奈が言うには、
ラジオ局の一室でナイフで刺された気を失ったはずが、
自分は無傷。
しかもその刺した犯人が死体で見つかったとのこと。
夢遊病のように無意識のうちに凶行に及んでしまったのか…
と恐れる有里奈。

マスコミが騒ぐ中、
法月警視と「のりりん」は有里奈を匿うことにする…。


相変わらず、ストーリーは「面白い」のひとことに尽きる。
良く練られたプロットと伏線。
その回収のそつのなさ。
読んでいて快感さえ覚える。

が。
この作品の大きなテーマはミステリ部分とは別のところ。
心に傷を負った法月綸太郎の再生だ。
そして過去に傷を持つ有里奈の再生でもある。

先にも書いたように、
ナイーブ過ぎる「のりりん」にはイライラしたのだけれど、
ラストはうまくまとまるので…まぁ、いっか(笑)。


なんやかんや言って「のりりん」ファンなのであります。






ブログランキング・にほんブログ村へ





2014年12月12日| コメント:0トラックバック:0Edit
<スポンサードリンク>



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 読書NOTE~読んだ本の感想・レビュー~ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます